タイトルをクリックすると記事が出ます。
 

    200 9年 5月 6日

        葛藤を処理する脳基盤の発達に脳内タンパク質「X11L」が関与

     −意欲や社会性を制御する神経機構の解明に新たな道筋 − 
         

 

    2008年 2月 15日

        Instructing neuronal connections

            


    2007年 11月 30日

        Hopping mad for the nervous system

          


    2007年 9月 4日

         2組のタンパク質のペアが脳の神経回路を“区画化”していることを発見
         - 複雑な脳における情報伝達経路を整理するシンプルな仕組み -

            


    2007年 8月 25日

         手足の動きを制御する神経回路の左右混線を防ぐ仕組みを解明
         -突然変異マウスの発見から神経回路形成の基本機構の解明まで -

             


    2000年 8月 11日

         体性感覚野の正常な発達にはNMDA型グルタミン酸受容体の機能が必須であることを発見

             

 

 

    論文 2010-

    論文 2005-2009

    論文 1998-2004

    論文 1978-1997

    総説/著書

    記事