総説

8.      西村‐穐吉幸子、糸原重美(2008)

ネトリン G:脊椎動物に固有の神経回路構築を支える分子基盤

実験医学 2612号 (増刊号)118-125  株式会社羊土社

 

7.      岩里琢治(2008)

αキメリンは,エフリン−Ephシグナルの鍵メディエーターとして,運動系神経回路形成を制御する

実験医学 263号  405-408  株式会社羊土社

 

6.      岩里琢治 (2007)

左右の手足の使い分けを可能にする神経回路形成の仕組み

MedicalBio 200711月号 10-11頁    株式会社オーム社

 

5.      岩里琢治 (2006)

体性感覚野(バレル野)発達の分子・細胞メカニズム

実験医学2006年9月増刊号)狩野方伸、高田昌彦、伊佐正編
「感覚受容から認知
, 記憶・学習, 行動までの脳機能研究の新展開」

2415号 60-67頁    株式会社羊土社

 

4.      岩里琢治 (2004)

齧歯類バレル構造の活動依存的発達

蛋白質核酸酵素(増刊号) 大森治紀、澁木克栄、野田亮、山森哲雄編
「神経回路の機能発現のメカニズム」

493号 351-357頁    共立出版

 

3.      岩里琢治、糸原重美 (2003)

マウス遺伝学による神経回網精緻化の研究

生体の科学2003年樹状突起特集)542138-145

 

2.      岩里琢治(2000)

体性感覚野のバレル形成におけるNMDA型グルタミン酸受容体の役割:
大脳皮質特異的
NMDAR1(z1)ノックアウトマウスを用いた解析

実験医学 1817号 2343-2346頁 株式会社羊土社

 

1.      岩里琢治(1999)

イオンチャンネル型グルタミン酸受容体の変異マウス

脳の科学 1999年増刊号 207-212

 

    著書

 

    3.      Erzurumlu, R.S. and Iwasato, T.  (2006)

    Patterning of the Somatosensory Maps with NMDA receptors. 

    Erzurumlu, R.S., Guido, W. and Molner Z. ed.  Development and Plasticity in Sensory Thalamus and Cortex. 

    p.158-182. Spinger

 

    2.      岩里琢治 (2004)

    大脳皮質神経回路形成のメカニズムをタンパク質、遺伝子レベルで探る-マウス体性感覚(バレル)野を
    モデル系として

    柳原大、内藤久士編
    「運動とタンパク質・遺伝子」
           

    50-65頁    有限会社ナップ

 

    1.      岩里琢治  (2002)
       
 「神経活動依存的メカニズムによる脳回路発達
        渡辺雅彦編   みる見るわかる脳・神経科学入門講座(下) 

    73-87  株式会社羊土社             

 

 

    論文 2010-

    論文 2005-2009

    論文 1998-2004

    論文 1978-1997

    総説/著書

    記事